100人いれば100通りの健康法があります。人生は自分に合った健康法を見つけ出す旅かも知れません。さまざまな出会いを楽しみましょう。
ところで厚生労働省がまとめた最新の「平成29年度医療費の動向」によると、平成29年度の医療費は42.2兆円となり、前年比で約0.9兆円の増加で過去最高となりました。
国民1人あたりの費用も、8千円増の33万3千円で過去最高です。

 

目前に迫った「2025問題」

「金の切れ目が縁の切れ目」のたとえがあります。財政の破たんが叫ばれて久しい日本では、これまでなんとかそれを顕在化させることなく、やりくってきましたが、いよいよ「その時」が迫ってきま...

詳しくはこちら

「病気は“治す”ではなく“治める”」。作家・五木寛之さん=86歳が明かす健康のヒケツ。

「真贋を問う」⑧ 本シリーズの8回目に登場するのは作家の五木寛之さんの次の言葉です。   病気は「治す」ではなく「治める」   ...

詳しくはこちら

みる「視覚」きく「聴覚」かぐ「嗅覚」・・・“五感健康法”。あらゆる健康法の基本になります。

「真贋を問う」⑤ 本シリーズの5回目に登場するのは耳鼻咽喉科の真鍋恭弘医師の次の言葉です。 「五感」からの情報シャワー   が認知症を防ぐ 食事や運動の前に五感あ...

詳しくはこちら

健康にいい歩き方は「大股」か「小股」か?新説浮上で戸惑うウオーカー。

「真贋を問う」⑬ 歩くことが健康にはもちろん、老化予防に欠かせない運動であることは、当ブログでも再三お伝えしていますが、問題はその「歩幅」です。これまでの“常識”は「大股で早...

詳しくはこちら

政治家、官僚、アメフト指導者・・・日本中にまん延する「嘘」がもたらす健康被害とは。

「真贋を問う」⑦ いまテレビのチャンネルはどこを見ても「嘘」の話題であふれています。国会では政治家、官僚が明らかな嘘の答弁を繰り返し、大学のアメフト部の監督、コーチは学生より...

詳しくはこちら

日本初「薬やめる科」のあるクリニック。これが日本医療の“理想の姿”なのかも?

「真贋を問う」⑪ 「薬やめる科」をご存じですか?病院でもらった薬が「長く飲んでいるけど効かない」「1日に5,6種類も飲んでいるけど大丈夫なのか」。そんな疑問に対して、減薬した...

詳しくはこちら